| Admin | Write | Comment |
count
更新履歴
2016.01.03
offlineに『Yの血脈5』追加
mail
プロフィール
HN:
無妙翔
性別:
女性
趣味:
創作一般。文字描き、絵描き何でもやります。
自己紹介:
作業は専らPCのみ。北方中国史を読みながら艦隊勤務をする日々。
作業中BGMはピアノ率高し。

pixiv id=3109724
QRコード
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
手書きブログ
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。
ついに鳥取結界を突破いたしました、無妙です。
鈍行でよちよち来たというのもありますが、実に遠いですね…鳥取…
今回は間で出雲に立ち寄ったりしてますが、一直線に向かっても1日仕事になりそうですわ…

実質的には米子泊ということで、前日から鳥取入りしていた無妙。
本日は水木しげるロードからの進軍です。
そんなに長時間の滞在もできない(最大二時間の予定)強行日程。
この後に中華庭園も控えていますし、さほど写真も撮ることないだろうなぁ~…等と思いながら降り立った境港。

…のはずが…



駅に到着して早々、お出迎えの銅像達に一気に上がるテンション!!
昔テレビでビクビクしながら見ていたあの鬼太郎が…妖怪たちが…!!
実に愛らしい姿で道のそこここにいらっしゃるではないですか…!!!

気がつけば恐ろしいほどの勢いでシャッター切りまくってましたよね…
朝8時で人気が少ないのをいいことに、舐めるように。それこそ舐めるように。
引きでとることは稀。むしろ超マクロでバシバシ撮っておりました。
だって、その方が可愛く撮れると思ったのですよ。



上のお写真は川猿さん。
朝日がいい感じに陰影付けてくれてました*^^*

…しかし、この異常なまでのテンションのあがり方が問題を起こすのです…
二時間にして撮った写真の枚数450枚超
バッテリー残量………20%…

ちゅ…中華庭園行くんですよね…?
資料写真、ばしばし撮るんですよね…!?
……明らかに足りないですよね…電池…(汗)

急遽、観光案内所で電源お借りしました…電車までの10分間…(汗)
案内所の方の優しさが身にしみましたよ…
とりあえずここで3%補給。後は移動先で電源つかえるお店見つけて充電するか…と乗り込んだ電車の中。旅のお供は水滸伝15巻でございました。

さてさて、電車の旅路も順調に、降り立ちましたは鳥取駅!
駅前のお店でお昼しつつ、一時間ほどでカメラのバッテリーも50%近くまで回復し、これで何とかなりそうだと意気込んでタクシー乗車。
目的地を告げて運転手さんの言葉に固まる一瞬。

「それ、多分倉吉の方だよ?」

…え…?

倉吉…???

…倉吉と申しますと途中の乗換駅で、時間があったので一度改札でて非常食補給したあの倉吉駅ですか…?

見事なリサーチ不足で自爆。わざわざ本社まで問い合わせてトドメを刺してくれる運転手さん。
結局初乗り料金だけお支払いして駅にダッシュで戻り、倉吉行きの特急に乗車、何とか四時までに戻ることに成功いたしました…(汗)
倉吉から乗ったタクシーの運転手さんには大笑いされましたけどwww

そしてやってまいりました、燕趙園!!!


入園時間に間に合い、人気も少ない好条件!!
楊家妄想逞しくしながらシャッター切り続けること一時間!
ここで兄弟きゃっきゃしてたらかわいい…!とか、この椅子に楊業殿座って日向ぼっこしてたらいいなぁ…とか、内緒話するには絶好のポイントだな…!!など、ロケーション妄想しながらここでもおよそ300枚、順調に撮り続け、何とか目的を達成してまいりましたよ…あ~、焦った焦った…

帰りは運転手さんに教えていただいていた最寄り駅までてくてく徒歩移動。
タイミングよくやってきた快速に乗車し、鳥取駅へと戻るのでした。

まぁ、鳥取着いてからもホテルへの道間違えて大回りするわでどうしようもないくらい回り道しっぱなしの1日だったわけですが…そこが旅の醍醐味よね…!!と自分を慰める。
…一人旅で本当によかったです…(汗)


牛骨ラーメンで本日の締めでありました!!

拍手[1回]

PR
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[311] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [310] [309]
copyright © 2008 Syou Mumyou all rights reserved.
忍者ブログ [PR]