| Admin | Write | Comment |
count
更新履歴
2016.01.03
offlineに『Yの血脈5』追加
mail
プロフィール
HN:
無妙翔
性別:
女性
趣味:
創作一般。文字描き、絵描き何でもやります。
自己紹介:
作業は専らPCのみ。北方中国史を読みながら艦隊勤務をする日々。
作業中BGMはピアノ率高し。

pixiv id=3109724
QRコード
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
手書きブログ
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ふわっふわのお布団で眠れて気分爽快な朝を迎えました、無妙です。
旅もいよいよ最終日、今日の目的地は広島は呉。
正月から行きたいと言っては機会を逃していた大和ミュージアムです…!!

移動距離が短いこともあって、少し遅めの出発だったのですが、そうなるとさすがの月曜・朝8時。
通勤・通学の方が多い事、多い事…!
ちょっと…想定もれでしたわ、この状況… 朝から人酔いで疲れるかと思った…

呉線に移れば人の数もそう多くもなく、ゆったりのんびり海沿いの旅。
昨日購入した倉敷ほうじ茶を今日は水筒にいれてきたので、香りにほっこり癒されながらののんびり移動。
穏やかな瀬戸内の海が車窓からは見えておりました。

大和ミュージアムは…想像以上の燃えスポットでありました…!!!



模型がどーんとお出迎え!!
それこそ正面、横、下、上からでも!!全方位から撮影可能な状態!!
周囲をぐるぐる回りながらやたらとシャッターを切る変態がここでも出現です。
歴史関係の展示であったり、設計図等もおいてありました。
詳細模型や、実物展示も盛りだくさん。
展示の中にはこんな場所も…



司令所ですね。
正面は映像ですが、再現された司令所は意外なほどこじんまりとしてました…
こういったところで艦の指揮が執られていたんですね…

全3階からなる大和ミュージアム。
見ることができるのは大和だけではありません!!
模型になりますが、武蔵や金剛、妙高、島風もいますよ!!
甲標的は縦にぱこっと切って内部を見ることができました。
特殊潜航艇や零式艦上戦闘機等々も見ることができます。

大和ミュージアムのお向かいに鎮座するのは潜水艦あきしお。



すでに除籍されている潜水艦ですが、実際に使用されていたものです。
こちらは自衛隊の史料館。中に入るとよく通る渋いお声で、びびしっ!!とお出迎えされます。
思わず敬礼で返したくなるくらいの勢いで。

中では潜水艦や掃海艇について、その役割、任務、内部について知ることができ、おまけにあきしおの中に入れるという特典つきです…!
潜望鏡を覗く事もできるし、ベッドに寝転がってみる事も可能。
掃海艇と機雷に関するフロアでは特にいろいろと勉強になりました…

今回の旅、最後の締めはアレイからすこじま!!
こちらは海上自衛隊の艦を間近で見ることのできる場所なのですが…少し駅から離れてるんですよね…
土日祝日なら探訪バスが使えたのですが、今日は平日。
どういったルートでバスが出ているかも謎。
地図で見る限り、30分程度歩けば行けそうな雰囲気だったので、徒歩で行ってみる事にしました。
しかし、丘越えになるとは想像もしてなかったですよ…根性試された気分です…
予想通り30分で到着できたのですが、この日は春全開の暖かさ!
すれ違ったお兄ちゃんはなんとも春らしい軽装なのに、私は厚めの上着仕様。
どっから来たの…?この人…といった視線を感じました…
四日前まで雪降ってたよ、チクショウめ!!そんな眼で見るんじゃねぇ!!と心の中で悪態をつきながらも歩きましたがね。
到着した先では護衛艦に潜水艦がお出迎え。
もちろん、自衛隊の停泊地なので中に入ったりはできませんが、それでも間近で観る事ができ、ここでも鼻息荒くシャッターを切る変態が出現。
満足行くまで写真を撮った後はバスに乗車して駅まで戻りました。

今回、初日は移動のみ、実質4日間で撮影した写真の枚数、実に1100枚。
デジカメ様様ですね…フィルム式だったら大事ですね、これ…
突発で企画した中国五県鈍行の旅でしたが、総じて良い旅であったと思います^^

…あ~、明後日からまた仕事ですか……頑張ろ…

拍手[1回]

PR
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[311] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313]
copyright © 2008 Syou Mumyou all rights reserved.
忍者ブログ [PR]